アフィリエイトでのターゲティングを広げる | Kenのアフィリエイトで稼ぐ裏メモ

アフィリエイトでのターゲティングを広げる

紹介する商品・サービスが新商品・新サービスだったり、

またはその商品を欲してるひとが実は商品名を

ご存じなかったりすることもあります。

ここが、アフィリエイターの腕の見せ所です。


商品名を知らない人に紹介する


これ、やってる人が結構少ないです(ぼそっ)


固有名詞+◎◎◎(前回のトレーニング参照のこと)


は結構展開されています。

つうか物によっては激戦区でもあるのですね。

でも、そうじゃないパターンになると一気に実践者が少なくなります。

なのでここもきっちり抑えておきましょう。

これには「アフィリ脳トレ(3)「商品・広告の調査」」

で調査したことが生きてきます。


  ◎商品の目的
   どういった用途に使う商品なのか

  ◎商品の特徴
   他のものとの違いは何?

  ◎商品の売り文句
   どういう売り文句で商品を売ってる?

  ◎商品のターゲット
   どういう人をターゲットにしたもの?


ですね。

ここであつめたキーワードから、あなたが想定した人が

入力するであろうキーワードをチェックしていくのです。

そこで再度登場。

 Yahoo関連検索ワードサーチ

 http://www.sem-analytics.com/lab/unitsearch.php

キーワードを入力すると、それと関連して入力される複合語が出てきます。

そこから買う気のあるキーワードの組み合わせをピックアップしていきます。


グーグルでも調査できますよ。

グーグルツールバーを導入されてたら、検索窓があるはずです。

そこにキーワードを入力すれば、複合キーワード候補が出てきます。

ここからも買う気のあるキーワードの組み合わせがわかります。

また、

Google キーワードアドバイスツール

https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal

も便利なサービスです。

これらがわかれば、キーワードを組み合わせてタイトルにしていくのですね。

タイトルはあまりに冗長すぎるとエンジンに嫌われる傾向があるので、

3~4キーワード内にしていきましょう。

携帯はまだまだしっかり評価してくれますが、盛り込みすぎると逆に

ぼやけてしまいます。

あれもこれも、とするより、いくつかの切り口で紹介する、

という思考に切り替えましょう。


こうして1つの選択した商品・広告からいくつものサイトに

展開していくことができます。

さて、実はさらっと書きましたが、タイトルはかなり重要です。

PCと携帯とでは若干ポイントが違ってきます。

それを踏まえて次回はタイトルのつけ方について書きます。


記事)Ken